ケイコで充実ライフ
HOME >福祉・医療系

福祉・医療系

人の役に立ちたい、人に喜ばれる仕事がしたい。そんな意思を持つ人にとって、福祉・医療の資格は強力な武器となることでしょう。また、福祉・医療系は安定して求人が行われるため、不況下に強い資格としても注目されています。また、勤務スタイルがバラエティに飛んでいることから、女性も参入しやすい業界と言われています。
福祉・医療系の資格の代表は看護師や介護福祉士ですが、このほかにもさまざまな資格が存在します。そして福祉・医療系でも経営やビジネスのスキルは要求されますので、これらの資格と合わせて活躍の幅を広げるのも良いでしょう。

福祉・医療系の主な講座やおケイコ

メディカルクラーク
医療事務とも呼ばれるこの資格は、保険制度の保険者に請求する診療報酬明細書(レセプト)を作成するのが主な業務内容です。レセプトの作成には専門的な知識を要求されるため、資格保持者でなければ医療事務に就くことはできません。そのほかのメリットとしては、保険制度に強い・求人の年齢制限があまりないことなどが挙げられます。
栄養士
病院食や学校の給食などの献立を考え、栄養バランスをチェックするのが主な業務。昼間部の栄養士養成学校に通うことで、栄養士の資格を取得することができます。資格取得後は病院や学校施設に勤務することが一般的ですが、食品メーカーやスポーツクラブなど、食品を扱う業務があるならばさまざまな場所で活躍することができます。また、栄養士の上級資格には管理栄養士があり、こちらは国家資格となっています。
福祉住環境コーディネーター検定
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーを認定する試験です。資格そのもののカテゴリは福祉に分類されますが、医療や建築などの知識も要求されるため、幅広い知識を持つことが大切です。取得後はケアマネジャーと連携して仕事をしたり、バリアフリー住宅のアドバイザーとして活動することなどが挙げられます。
社会福祉士
さまざまな人に対して、適切な福祉の援助・処置を指導する資格です。社会福祉士が対象とする人は高齢者や障害者だけでなく、地域の子どもや患者、低所得者と多岐に渡ります。それぞれの生活面における悩みや状況を把握し、適切なケアをするのが主な業務となります。仕事として名乗る場合、ソーシャルワーカーと称することもあります。
サイトマップ免責事項
Copyright © 2011 おケイコさん All Rights Reserved.